更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 銀閣寺好きに捧ぐ (京都市左京区銀閣寺町の物件) - 京都R不動産
    暮らしだすと愛おしく思えていきそうな外観
  • キッチンが一段下がって広がりを感じます
    キッチンが一段下がって広がりを感じます
  • 2人暮らしなら対応出来そうな広さ
    2人暮らしなら対応出来そうな広さ
  • ちょっぴり洋館テイストも
    ちょっぴり洋館テイストも
  • 傾きはありますが許容範囲かと
    傾きはありますが許容範囲かと
  • 自転車が入るサイズの玄関土間
    自転車が入るサイズの玄関土間
  • 動線が便利
    動線が便利
  • 台所はこの天井高
    台所はこの天井高
  • 南側なので明るいです
    南側なので明るいです
  • この板は外せば地面。小ぶりの壺で漬物を仕込んだりも可能。
    この板は外せば地面。小ぶりの壺で漬物を仕込んだりも可能。
  • 引き戸がぴったり閉まらない点はご愛嬌
    引き戸がぴったり閉まらない点はご愛嬌
  • 収納スペースはたっぷり
    収納スペースはたっぷり
  • 右奥から外に出れます
    右奥から外に出れます
  • レトロですが浴槽は新品、浴室に洗濯機置き場
    レトロですが浴槽は新品、浴室に洗濯機置き場
  • 勾配があるおかげで近隣とはこの関係
    勾配があるおかげで近隣とはこの関係
  • チラッと大文字山が見えます
    チラッと大文字山が見えます
  • 台所へ繋がるドア
    台所へ繋がるドア
  • 西側から見るとこの感じ
    西側から見るとこの感じ
  • ナイス
    ナイス
  • 左が八神社、まっすぐ行けばトレッキングコース
    左が八神社、まっすぐ行けばトレッキングコース
  • 白いトラックの場所が該当物件
    白いトラックの場所が該当物件
  • 上:銀閣寺の門前から|下:緑多し
    上:銀閣寺の門前から|下:緑多し
  • 上:春には桜、夏には蛍の哲学の道|下:トレッキングコース手前からの風景
    上:春には桜、夏には蛍の哲学の道|下:トレッキングコース手前からの風景

暮らしだすと愛おしく思えていきそうな外観

rent     住宅
銀閣寺好きに捧ぐ
 
賃料:
10万円
面積:
38.34㎡
  
所在地: 京都市左京区銀閣寺町
交通: 京都市バス「銀閣寺前」停 徒歩5分/京阪鴨東線「出町柳」駅 徒歩30分
管理費: なし
敷金: 2ヶ月  礼金: 2ヶ月

タイトル通り銀閣寺好きにはたまらないシュチエーションのレトロな平屋がありました!参道からほんの少しずれるだけで観光客の姿がほとんど無く中々素敵な空気感の漂う立地です。


少し山手に向かえば蹴上まで繋がるトレッキングコースのスタート地点があり撮影時も数組が行き来されてました。そしてすぐそばには平安遷都以前からある八神社があり、真向かいには御神輿が格納されてそうな蔵と大木があって住んでるだけでもご利益がありそう。


では物件のお話しを。少し前まで正面に植栽がボーボー気味に生えてましたが、この度良くも悪くも綺麗さっぱりカットされました。入居中手入れをきちんとしてくれるなら新たに植えても良いとのことなので少し努力すればウンと良くなるはず。


室内は3室が直線に繋がっていて一部改装されてる箇所もありますが玄関以外は木製の建具が残してあったり、一段下がった台所からの踏み台の経年加減が良い味だしていたり、そこそこ傾きを感じたりでレトロ感は存分に味わえる内容です。その分隙間風や虫が入ってきやすい面もあるので、その点は覚悟して過ごしていただけたら。


また少し勾配がある上にブロック塀もあるので特に西側からの目線を気にせず、ちょっとしたテラスにイスを出して外の時間を楽しむことも可能。哲学の道周辺でも十分澄んだ空気感のエリアですが、もう一歩奥に踏み込めば更にエリアに溶け込んだ暮らしが送れそうです。特に銀閣寺が好きでなくてもこのシュチエーションにピンときた方は是非。





  
  
  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 10万円 建物面積 38.34㎡
敷金  2ヶ月 礼金 2ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 京都市左京区銀閣寺町
交通 京都市バス「銀閣寺前」停 徒歩5分
京阪鴨東線「出町柳」駅 徒歩30分
建物構造 木造1階建て 所在階
築年 1955年 取引態様 媒介
設備 電気/都市ガス/上下水道
備考 募集戸数:1戸/要火災保険契約
情報修正日時 2020年9月26日 情報更新予定日 2020年12月12日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。