更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 淡く緑色のタイルと鉄の格子の外観。
  • 一番偉い方の寝所だったであろう奥の間から。
  • 庭を挟んで反対側から。
  • リビングからの坪庭。渡り廊下が走っています。
  • 玄関から。土間の変色具合がいい感じです。
  • 玄関入ってすぐの和室。
  • 通り庭から玄関間への上り口。
  • 離れの縁先から。
  • 2階の真ん中の部屋。どんどん続きます。
  • 2階にある洋式トイレと洗面台。右に上がればベランダへ続く。
  • 2階からベランダへ、そして屋根裏へ繋がる通路。
  • 最上階?屋根裏にあたるこちらは夏季の室内温度に要注意!
  • アップダウンからのベランダ。障害物はなく洗濯物はカラカラに。
  • 洗面脱衣場からタイルは連なります。
  • ピンクのタイルが張り巡らされたセクシーな浴室。
  • 地下室へのサイズ感がたまらないドキドキワクワクな階段。
  • そして地下室。さて。

淡く緑色のタイルと鉄の格子の外観。

rent     住宅 オフィス
乗りこなせるかこの町家
 
賃料:
17万5,000円
面積:
119.99㎡
所在地: 京都市上京区大宮通寺之内上ル西入東千本町
交通: 京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅 徒歩17分/京都市バス「堀川寺之内」駅 徒歩6分
管理費: なし
敷金: 2ヶ月  礼金: 1ヶ月

さぁ、西陣エリアからとびきり町家のご紹介です。かつてはお店を営んでおられたのでしょうか?何人で住んでいたであろうという大きな間取り。この間取りを使いこなせる上級者、お待ちしています。


まず目を惹くのが立派な外観。ほんのりと緑がかったタイルと格子のデザインです。玄関を開けると広めの土間、そして板間も含めて6帖の和室と2帖の玄関間が連なります。土間とのしきりにある建具を全て開けばぐっと広く感じます。昔はこちらで商品の販売やお客様との接客でもされていたのでしょうか。


土間から奥に続くドアを開けると、無垢材の床に改装された15帖のリビング。南からの採光が十分に取れ、窓を解放すると裏庭、渡り廊下、そして奥の縁先が楽しめます。風鈴なんかを吊るすときっと風情がありますよね。ただ網戸がないので蚊の対策だけはお忘れなく。そしてこのリビングに面して、完全和風の建物の中に突如現れた洋風のタイル張りのお風呂、しかも見てくださいこのなんとも言えない洒落た淡いパープル色。このギャップが粋ですね。そして、この縁側から庭をみているとなんと庭を挟んで反対側にも部屋があることに気づきます。外廊下を通ると、そちら側の部屋に到達。敷地の一番奥、離れとも言えそうな場所にゆったりの8帖間。おそらくここにこの家の主人が座していたのではないでしょうか。さらにさらに、町家物件でたまに出会うのが、地下室。防空壕として用意されたのか、モルタルで囲われています。


次に2階に上がりましょう。2階は畳の間が3つ続きます、こちらに洋式のトイレが設置されています。そしてさらに階段を少し登ると洗濯物干し場に到達。さらに上に伸びる階段を登ると、屋根裏部屋にたどり着きます。ということで、今までご紹介したのが一つの物件というのが驚きですね。この雰囲気がお好きな方には間違いなくおススメですが、この広い間取りをどう上手く使えるかがこの物件のポイントになりそうです。また全体的に建具は木製となり古き良き雰囲気を確保出来ますが、その反面冬の寒さ対策は必要になると思います。


駅までの距離は少しありますが、市バス「堀川寺ノ内」までは徒歩6分。京都駅や四条河原町までも乗り換えなしでアクセス可能です。事務所としてのご利用も相談可(賃料・礼金に別途消費税要)ですので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。


  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 17万5,000円 建物面積 119.99㎡
敷金  2ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 京都市上京区大宮通寺之内上ル西入東千本町
交通 京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅 徒歩17分
京都市バス「堀川寺之内」駅 徒歩6分
建物構造 木造2階建て 所在階 1階
築年 1940年 取引態様 媒介
設備 都市ガス/セパレート/シャワー/給湯/システムキッチン/独立洗面台/収納/フローリング/TVフォン
備考 定期借家契約(期間:2/再契約:相談)/募集戸数:1戸/築年数不詳/保証会社加入要/現状渡しにて設備不具合など全て借主負担/エアコン4基は設備外/事業用の場合、賃料・礼金に別途消費税要/要火災保険契約
情報修正日時 2018年8月18日 情報更新予定日 2018年10月31日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。