更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 我が邸宅へようこそ (京都市左京区上高野掃部林町の物件) - 京都R不動産
    ザ・邸宅
  • 大谷石で作られた門
    大谷石で作られた門
  • 是非ここは残したい。
    是非ここは残したい。
  • 道路からこれ位上がってます。
    道路からこれ位上がってます。
  • 建物と庭園の関係
    建物と庭園の関係
  • 奥から
    奥から
  • 茂みから
    茂みから
  • 緑々しい苔
    緑々しい苔
  • 玄関
    玄関
  • 1階の洋室。応接間。
    1階の洋室。応接間。
  • 既に良いお家感あり
    既に良いお家感あり
  • ここだけでも広い空間
    ここだけでも広い空間
  • 出来れば手を入れたいダイニング
    出来れば手を入れたいダイニング
  • 1階真ん中の和室
    1階真ん中の和室
  • 照明無くても明るいです
    照明無くても明るいです
  • どっちの窓からも緑が見える
    どっちの窓からも緑が見える
  • とにかく広いです
    とにかく広いです
  • 大宴会が開催できます
    大宴会が開催できます
  • この感じ。
    この感じ。
  • 2階西側の和室
    2階西側の和室
  • 3帖の和室
    3帖の和室
  • 2階真ん中の和室
    2階真ん中の和室
  • 2階東側の和室
    2階東側の和室
  • 2階からの庭園。ちょっとした林です。
    2階からの庭園。ちょっとした林です。
  • カーペットが気持ち良い
    カーペットが気持ち良い
  • 納戸へ続く廊下
    納戸へ続く廊下
  • 天井がアーチ状
    天井がアーチ状
  • 水回りは代えたいところ
    水回りは代えたいところ
  • 裏の洗濯機置き場
    裏の洗濯機置き場
  • 苔

ザ・邸宅

sale     住宅
我が邸宅へようこそ
 
価格:
3,800万円
面積:
467.02㎡(土地)
    
所在地: 京都市左京区上高野掃部林町
交通: 叡山電鉄「三宅八幡」駅 徒歩10分
管理費: なし
修繕積立金: なし

邸宅が立ち並び季節ごとに桜や紅葉が町を彩る情緒ある住宅地。少し山手にあり近くには公園や比叡山麓から続く梅谷川が流れ、静かでのんびりした環境です。


どっしりとした門構えに石垣塀が続き、門から玄関までの石段や木々には苔が育ち作りたくてもすぐには作れない雰囲気を出してます。


建物南側には面積が建物の倍近くある和風庭園が広がり雑草の世話が心配になる程。建物自体も立派な造りで現状はなんと8SLDK!古さはありますが丁寧に使用されていて多少の手直しでもお住まいいただけそうです。ただ洗濯機が外置きだったり浴室やトイレが旧式なので最低でも水回りは一新したいところ。


仮に思い切ってガラリとリノベーションして1階の大部分に大きなリビングを作ったとしても、他に数室確保出来る余裕があります。


元々勾配のある土地なので、地盤面が前面道路と高低差があり周囲からの目線は気にならない状態。どこまで手を入れるかに関わらずプライベート空間が確保しやすいです。庭園は現状のままでも完成度は高いですが、水琴窟を追加し気候の良い時期には縁側に腰掛け心落ち着く時間を過ごせそう。


また前面に3台くらいは駐車スペースを確保できますので、1台分の掘り込み駐車場を男の作業場になんて使い方も可能。


冬には雪が積もるそうで車などのデメリットもあると思いますが、とにかく静かな場所に居を構えたい方や、京都にセカンドハウスをお考えの方など、街中のマンションでは得られぬリラックスしたかけがえのないひと時がイメージできる物件かと。




  
  
  
  
  
  
  
  
  
    
>>大きな地図で見る 

価格 3,800万円 専有面積 154.66㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 京都市左京区上高野掃部林町
交通 叡山電鉄「三宅八幡」駅 徒歩10分
建物構造 木造2階建て 所在階
築年 1975年 土地権利 所有権
土地面積 467.02㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 30%/50%
その他費用 取引態様 媒介
設備
備考 地目:宅地/現況:居住中/引渡時期:相談/売り主は瑕疵担保責任は負いません/風致第2種/宅地造成等規制法/がけ条例/桧峠特別修景地区/屋外広告物1種/ペット可
情報修正日時 2018年12月22日 情報更新予定日 2019年4月6日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。