更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 元理髪店の行く末 (京都府京都市中京区聚楽廻西町の物件) - 京都R不動産
    壁を向いて2~3席ほどあったのでしょうか。
  • 3連棟の端っこです
    3連棟の端っこです
  • よくある町家とは違ったレトロ感が漂います
    よくある町家とは違ったレトロ感が漂います
  • 少し抜けてますが磨けば艶が出そうな床材
    少し抜けてますが磨けば艶が出そうな床材
  • 2階の通り側の部屋
    2階の通り側の部屋
  • 2階も全体的にラワン材が貼られてます
    2階も全体的にラワン材が貼られてます
  • 抜くとかなり高さが出ます
    抜くとかなり高さが出ます
  • この窓はサッシに代わってます
    この窓はサッシに代わってます
  • 傾きは否めません
    傾きは否めません
  • 東側は建物が被ります
    東側は建物が被ります
  • 2階の3帖板間
    2階の3帖板間
  • 台所まで続く土間
    台所まで続く土間
  • 廊下から見る教室みたい
    廊下から見る教室みたい
  • 1段下がってた部分が店舗部分?
    1段下がってた部分が店舗部分?
  • 庭向きの開口部
    庭向きの開口部
  • 左から大・小・風呂
    左から大・小・風呂
  • お風呂はこんな状態
    お風呂はこんな状態
  • 何ともムーディー。
    何ともムーディー。
  • この窓はまだまだ使えそうです
    この窓はまだまだ使えそうです
  • 何度か塗り直された形跡のある窓枠とレトロなタイル
    何度か塗り直された形跡のある窓枠とレトロなタイル
  • 理髪店によくある色
    理髪店によくある色
  • 京町家がまだ多く残る前面の七本松通
    京町家がまだ多く残る前面の七本松通

壁を向いて2~3席ほどあったのでしょうか。

sale   NEW 住宅
元理髪店の行く末
 
価格:
2,980万円
面積:
59.05㎡(土地)
   
所在地: 京都府京都市中京区聚楽廻西町
交通: 京都市営地下鉄東西線「二条」駅 徒歩8分/JR山陰本線「二条」駅 徒歩10分
管理費: なし
修繕積立金: なし

随所に渋味が溢れ出す元理髪店を営まれていた京町家。どこか大正ロマンを感じる店舗部分に限らず他にもグッとくる箇所が多くリノベーションの素材にとっても良さそうです。


まず最初に建物自体は全体的に老朽化しているので、大幅な改装が必須になります。理髪店の名残を再利用出来るに越した事はないですが、1階で1番日当りの良い場所に洗面台というのも住空間としてどうなのか悩ましいところです。何かの店舗か一層の事バーバーを再開してくれる人が出てくれば嬉しいです。


よく角地にあるレトロ感たっぷりの理髪店といった建物ではないですが、京町家プラスαなところが1番の魅力。建具や電気のスイッチなど再利用できそうなパーツがたくさんあるのでそれらを活かした改装も出来そうです。2階の天井を抜けばかなりの高さがあり、庭も少し広めにとられていて窮屈な感じはなく好みの植栽も可能です。サイズ感としては2~3人位までが良さそうな印象です。


場所は二条駅から北に歩いて10分程。町家がまだ多く残る七本松通りは道路幅がありごちゃごちゃした感じはないです。ふらっと歩いてTOHOシネマズで映画も楽しめたり、駅周辺に飲食店が増えてきたり、中心部に出なくても普段は近場で事が済みそうです。もし用事があれば自転車で15分程で四条烏丸まで行けるのでほど良い距離感かと。


  
  
  
  
  
  
  
  
>>大きな地図で見る 

価格 2,980万円 建物面積 59.08㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 京都府京都市中京区聚楽廻西町
交通 京都市営地下鉄東西線「二条」駅 徒歩8分
JR山陰本線「二条」駅 徒歩10分
建物構造 木造2階建て 所在階
築年 1927年 土地権利 所有権
土地面積 59.05㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 準工業地域 建蔽率/容積率 60%/200%
その他費用 取引態様 媒介
設備 電気/都市ガス/上下水道
備考 地目:宅地/私道負担:無し/現況:空室/引渡時期:即可/ 建物面積:1F33.81㎡、2F25.99㎡、延59.80㎡ / 築年月:家屋評価調書によると昭和2年築/ 地勢:平坦/ 道路:幅約6.6mの通路に約4.5m面す/20m第三種高度地区/準防火地域/ 備考:京町家プロフィール取得済/ペット可
情報修正日時 2019年11月7日 情報更新予定日 2019年11月27日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。